2017年06月02日

第4回 論述試験 解答例3

途中中断しましたが、ラストの問題の解答例を掲示します。

【問い4】
「今、その様に気付かれてみて、どう思われましたか。」や「Aさんは会社への繫がりの
ある人としてではく、ご自身を受け入れて欲しかったのではないでしょうか。」と問いかけ
CLが大切にしている価値観に触れたり、「関連会社が本当につながりがあるだけでAさん
を受け入れようとしているのか?」や「元上司の様にAさんも元組織に依存していかなければ
ならないのでしょうか?」と問いかけ、気持ちの整理が進むよう関わっていきます。

(解説)
毎回ですが「具体的に解答欄に記述せよ。」ということだったので、実際に発する言葉に
近い形での記述をしています。ただ、記入欄が狭いので、どうしても割愛している部分が
あり、ニュアンスも伝わりにくさがありますね。
問題の趣旨としては、方向性を確認するものでしょうから、しっかりと示せていればいい
のではないかと思います。

試験全体を通して、前回同様の問題の難易度であったと思います。やや独特の表現「どう
いう意味があるのですか。」が入ることで、意味の出現(実現)などをかなり意識する
問題であったように思います。思い出すのが、技能検定の第一回目の論述問題です。
「Strategy(戦略)を述べよ 」というような問題があり、大変戸惑った覚えがあります。
問題の意味が分からなくて、自分なりに解釈せざるを得なかったです。他の協会出入りして
いた受験者の知り合いはこの言葉の意味を知っていた様で。
「その時の惨めな気持ちを感じたことは、今のご自分のどんな意味をもたらしているで
しょうね?」や「惨めな気持ちを感じたその時を、ご自身でどんな風に意味づけされて
いらっしゃいますか?」
こんな風に訊いてみるのはどうでしょうね?少しはわかりやすく伝わらないでしょうか。

さて、この解答例は、前回同様、機関限定で開示いたします。

さぁ、明日から本試験ですね。皆さんのご活躍を祈念しております。
最後まで諦めず、直前まで練習あるのみ!
posted by 川瀬英作 at 11:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: